ヴォーグ社かぎ針講師認定講座、最終課題

ヴォーグ社の通信講座、「かぎ針講師認定講座」を受講中です。


3つ目の課題をようやく完成させましたぁ~



IMG_3635small.jpg




ショールカラーです。

「分散増減法」という技法を使って、自然な広がりを表現する練習です。









それでは、作り方。



まずは、ゲージを編みます。


IMG_3636small.jpg


本来は、もっと大きく編まなくてはいけないんですけど
ショールカラーは小さいので、小さ目のゲージにしちゃいました






そして、製図を書きます。

自分のボディ原型から、身頃の製図を起こします。

起こした製図から 見頃の襟の長さを測り、さらに その長さにあった襟の製図を起こします。


IMG_3637small.jpg



出来上がった製図に見合った目数、段数を、ゲージから割り出し、記入。

襟の広がりには、「分散増減法」を使用し、自然な広がりを持たせます。


(※分散増減法とは、模様の形やイメージをあまり変えずに、模様を大きくしたり、小さくしたりする、編み物独特の魅力的な技法です。 ~ヴォーグ社 かぎ針編み講師認定通信講座のテキストより~ )




ここまでで、サイズ・目数・段数 が決定されました。


次に、斜線の部分の割り出しをします。

模様編みの編み図に、製図と同じ目数・段数になるように、襟の製図を書き込みます。


IMG_3639small.jpg



その上にトレーシングペーパーを置いて、斜線に切れている部分に沿うように、編み図を書き直します。

これが、「割り出し」です。

私は、「分散増減法」を使用して網目を増やしていった部分も赤で書き込みました。


IMG_3640small.jpg






そして、その編み図通りに編んだら出来上がりです



IMG_3632small.jpg




当たり前といえば当たり前なんですけど、製図通りのサイズに出来上がるとちょっと感動します




そうして、

作品(ショールカラー)、製図、編み図、感想を書いた添削シート、等をまとめて郵送します



IMG_3642small.jpg





すると、数日後に添削されて返ってくるんですよ~



後回し、後回しにして、やっと最後の提出となりましたが、

終わるとなると 何だか寂しいナ~。



でも、なかなか自分一人では勉強しない範囲まで勉強できて、よかったです








コメントの投稿

非公開コメント

かぎ針教室
2016春画像1ブログ

場所 : コープさっぽろ文化教室(旭川)

第2火曜日 神楽教室
第2水曜日 シーナ教室(永山)
第2金曜日 東光教室
(8月のみ第4週)

受講費 : 1200円(月一回)

文部科学省後援レース編物技能検定
対応講座(1~3級)も同時開講!!
(タティング、マクラメ、バテン、等)

【お問い合わせ】
シーナ文化教室 0166-47-9270
東光文化教室  0166-35-8538

プロフィール
100favorite_04.gif

こちら↑から、ミンネのむうむうギャラリーをご覧いただけます。

むうむう

Author:むうむう


北海道旭川市在住。


見ていると、 ふっと力が抜けて笑ってしまうような あみぐるみ。
見ていると、 陽だまりの中で、ぼーっとイビキをかいて 昼寝をしてしまうような あみぐるみ。
見ていると、 それでいいんだよー、 と励ましてくれるような あみぐるみ。。

心が ぽっ と暖かくなるような、そんな あみぐるみを目指しています。


   どうぞ よろしくお願い致します。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールマガジン
むうむうのイベント情報をメールマガジンでお届け☆
発行は不定期ですが、イベント前には必ずご案内いたします。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR